戦争によって遺されたもの
トップ  >  日向市大御神社の戦闘機機銃弾痕
前
日向市海軍富高飛行場の爆弾炸裂痕
カテゴリートップ
戦争の痕跡
次
串間市第189歩兵連隊(積四部隊)本部

日向市/大御神社の戦闘機機銃弾痕

来 歴 昭和20年4月、硫黄島より飛来した第314爆撃機集団第21爆撃団所属のB−29爆撃機を援護してきた戦闘機群(グラマン社F6F戦闘機「ヘルキャット」と推定される)の機銃掃射による被弾痕が神社社殿の木造扉を貫通しているもの。
(大御神社社殿・幣殿及び拝殿は平成11年、国有形文化財登録)
痕跡の所在地 日向市大字日知屋1
所有者名 宗教法人大御神社
連絡先 0982−52−3406
前
日向市海軍富高飛行場の爆弾炸裂痕
カテゴリートップ
戦争の痕跡
次
串間市第189歩兵連隊(積四部隊)本部
管理用ログイン セキュリティポリシー