戦争によって遺されたもの
トップ  >  国富町六野原トーチカ
前
高原町大阪第8連隊駐屯地跡
カテゴリートップ
戦争の痕跡
次
新富町旧陸軍飛行場の掩体壕

国富町/六野原トーチカ

来 歴 昭和17年、大刀洗陸軍飛行学校木脇教育隊が開設されるにあたり、六野原台地には飛行場の建設が行われた。
昭和18年11月から木脇教育隊の飛行訓練生が入隊し、1期から3期まで約500名の飛行士が巣立った。
その時に敵の襲来に備えて造られたのが、トーチカである。

今日、当時の面影を残すのは唯一このトーチカのみである。
詳細の問い合わせ先 国富町教育委員会社会教育課
電 話 0985−75−2361
痕跡の所在地 国富町大字八代北俣3456番地27
所有者 国富町
連絡先 0985−75−2361
前
高原町大阪第8連隊駐屯地跡
カテゴリートップ
戦争の痕跡
次
新富町旧陸軍飛行場の掩体壕
管理用ログイン セキュリティポリシー