戦争によって遺されたもの
トップ  >  軍装品類  >  陸軍
カテゴリートップ
軍装品類
次
航空隊

軍装品類

陸軍

鉄帽

九〇式鉄帽。鉄兜(てつかぶと)とも呼ぶ。昭和5年(皇紀2590年)に制式採用され、前面に星のマークが付いているのが特徴。


将校帽

フェルト製略帽。


軍帽

四五式軍帽 。明治45年に制式採用されたもの。


外套

通称、将校マント。


外套

将校防寒外套。


軍服

将校軍服。階級章は陸軍少尉。昭和19年(1944)から終戦まで中国戦線で着用したもの。


尉官用正刀帯

軍刀を下げるときに使う革のベルト。海軍用はバックルのマークが桜に錨。


指揮刀

儀礼的なもので教練や演習等の際に使用した。


将校用正刀帯

軍刀を下げるときに使うベルトで、認識票がついている。くさりは騎兵用グルメット(轡鎖−くつわぐさり)。


将校用長靴

騎兵将校が着用した長靴、拍車がついている。


将校用皮脚絆

皮製の脚絆で、騎兵将校が使用していたもの。


巻脚絆

兵士の脛部分にズボンの上から巻かれる布で、ゲ−トルともいう。ズボンの裾を押さえることで活動時に、動きやすく、足の保護、疲労を少なくするために使われた。


将校用図のう

中国戦線で使用したもので、地図、作戦命令書などを入れていた


将校用背のう

皮製の背のうで、行軍移動時、日用品などを入れて使用した。


飯盒

将校用飯盒旧型。中国の戦地で使用したもの。


双眼鏡

戦地で使っていたもの。


週番懸章

1週間ごとに交代でする勤務。平時の軍隊では、兵営内に居住するのは下士官と兵で、准士官と将校は兵営の外に住み、課業が終了すると各自の家に帰った。夜間には指揮官である将校が不在となるため、将校を長とする週番勤務が行われた。この懸章は週番士官が勤務中着用したもの。


カテゴリートップ
軍装品類
次
航空隊
管理用ログイン セキュリティポリシー