戦争によって遺されたもの
トップ  >  軍装品類

軍装品類

 陸軍将校及び海軍士官は軍装備品を自費で購入し、下士官・兵は軍から官給品として支給された。陸海軍が衣服・装具・兵器などを正規の軍用品として採用したとき、「制式」と称し、採用決定の年号をつけて制式名とした。

資料の内容


管理用ログイン セキュリティポリシー