戦争によって遺されたもの
トップ  >  戦時下の県民生活  >  空襲
前
在郷軍人
カテゴリートップ
戦時下の県民生活
次
軍需工場

空襲

焼夷弾の核

昭和20年(1945)8月、終戦直前に米軍B29爆撃機が西米良村上空で投下した焼夷弾のもの。


防空頭巾

空襲の際、火災や落下物から首や顔を守る頭巾。頭髪を押さえ込み、頭髪が燃えるのを防ぐ役割も果たした。
当時は珍しい絹製の頭巾。


前
在郷軍人
カテゴリートップ
戦時下の県民生活
次
軍需工場
管理用ログイン セキュリティポリシー