戦争によって遺されたもの
トップ  >  戦没者  >  遺書
カテゴリートップ
戦没者
次
遺品

戦没者

遺書

遺書と写真

昭和16年(1941)12月7日、ハワイ真珠湾攻撃に出撃する前日に書いた「戦場ニ臨ミテ」。
「我は、再び生を得て帰還せじと、ここに頭髪を残す」とある。


遺書

妻に宛てたもので、戦死後の妻を案ずる気持ちが述べられている。
最終行の「胸の中が熱い血管の為字が書けぬ」が印象的である。


カテゴリートップ
戦没者
次
遺品
管理用ログイン セキュリティポリシー